\ ポイント最大46倍! /

転職活動は在職中にしていい?メリット・デメリットやポイントなど徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
転職活動は在職中にしてもいい?

この記事は3分で読めます。

転職活動を在職中にするのは、ちょっと、、、

「転職活動は在職中と離職後どちらでしたらいいのか」「上司や同僚に引け目を感じて行動できない」など、さまざまな理由で転職活動に一歩踏み出せない方は多くいます。

そこで、転職活動を2回経験している私が、転職活動する前に読んでほしいと思う記事を作成しました。

これから転職活動を在職中に始める方転職活動を在職中にしてもいいのか悩んでいる方必見の内容です。

在職中の転職活動が前向きにできるようになるので、ぜひ読んでみてください。

この記事はこんな人におすすめ
  • これから転職活動を在職中に始める人
  • 転職活動を在職中にしてもいいのか悩んでいる人
この記事を読んでわかること
  • 転職活動を在職中にするのはOK!
  • 転職活動を在職中にするメリット
  • 転職活動を在職中にするデメリット
  • 転職活動を在職中にする際の起こりやすい問題と対処法
  • 転職活動を在職中にする際のポイント

\ あなたの本当の年収がわかる /

タップできる目次

転職活動は在職中にしてもOK!

転職活動を在職中にしても問題ありません。

日本の法律で「職業選択の自由」が認められている限り例外はありません。

転職活動を在職中にすることで、離職後に転職活動をする際のリスクがなくなり、心の余裕を持って転職活動に臨むことができます。また、在職中の転職活動はやめようと思えば、リスクなしでいつでもやめることができます。

転職活動を在職中にすることに引け目を感じることは一切ないので、あなたの将来はあなたで決めて行動しましょう。

転職活動を在職中にするメリット

転職活動を在職中にするメリット

転職活動を在職中にすることは、生活や採用、自己理解などに良い影響があります。退職後の転職活動では得られないメリットなので、ぜひ参考にしてください。

収入面の不安がなくなる

転職活動を在職中にすることで、収入面の不安がなくなります。

離職後とは違い、現職の安定した給料があるからです。

離職後の転職活動をする場合は、常に生活を考えながら転職活動を成功させないと生活できなくなってしまいます。しかし、在職中であれば、転職活動をやめても現職を続けていけば生活が成り立ちます。転職活動において、収入があることは心の余裕につながる重要な要素です。

収入面で不安がある方は、在職中に転職活動を始めてみてください。

ブランク期間なく転職できる

転職活動を在職中にすることで、仕事のブランク期間がなくなります。

仕事のブランク期間がないことは、転職活動で大きなメリットになります。

転職の場合、未経験者を募集している企業以外は即戦力の人材を求めている確率が高いです。そのため、仕事のブランク期間があると、ブランク期間の生活保有しているスキル実績など過去を思い出しながら具体的な回答が求められます。

しかしブランク期間がないと、転職の熱意が伝わりやすくスキルや実績は直近のことなので具体的に回答しやすいです。

転職活動において仕事のブランクがないことはひとつのステータスになります。

足りないスキルや経験を知れる

転職活動を在職中にすることで、活動しながらスキルや経験を知ることができます。

転職活動で最も重要なのが、自己分析だからです。

例えば、転職活動をするなかでやりたい仕事があっても、自己分析をした時に自分のスキル経験が足りないから諦めた、という話はよく耳にします。

しかし、在職中であれば、なんの縛りもなくやりたい仕事の必要な知識や経験を積み上げていくことができます。

もしかしたら、現職の仕事にもやりたい仕事の知識や経験が役立って相乗効果を生むかもしれません。

現職を続ける選択ができる

転職活動を在職中にすることで、現職の仕事を続ける選択肢を残すことができます。

転職活動をしても必ず理想の企業に出会える、また転職が必ず成功する保証もありません。

転職活動をしながら現職の良さに気づくこともあるかもしれません。

在職中に転職活動をすることは、自分のキャリアを見つめ直す良い機会でもあり、「辞めなければよかった」と後悔するリスクも減らす有効な手段です。

転職活動を在職中にするデメリット

転職活動を在職中にするデメリット

転職活動を在職中にすることはメリットばかりではありません。

下記のデメリットは、転職活動において昔から言われている永遠のテーマですが、再度確認して対応策を考えておきましょう。

転職活動をする時間が少ない

転職活動を在職中にする場合、転職活動に充てる時間が少なくなります。

理由は単純で、在職の仕事があるからです。

例えば、離職後だと仕事をしていないので、自由に使える時間は24時間です。

しかし、在職中は仕事以外の時間で転職活動をしなければならないので、離職後の転職活動に比べて限られた時間で活動することになります。

在職の仕事が忙しくなると、転職活動のやる気がなくなりやすいです。

スケジュールが組みづらい

転職活動を在職中にする場合、面接などのスケジュールが組み立てづらいです。

面接など対面で会う場合は、企業側の勤務時間内で行われるからです。

なかには、平日の定時以降土日など休日に面接を設けてくれる企業もありますが、ごく稀なケースです。

在職中なら有給休暇などを活用するのが定石ですが、周りの目や仕事を疎かにしていると思い込んで、遠慮してしまいます。

上司や同僚に対して遠慮が増えていくと、転職活動は長期化していくので注意しましょう。

転職活動を在職中にする際の起こりやすい問題と対処法

転職活動を在職中にする際の起こりやすい問題と対処法

転職活動を在職中にすると、起こりやすい問題ヒヤッとする場面がいくつかあります。

しかし、対処法さえわかっていたら何の問題もありませんので、ぜひ参考にしてください。

上司に引き留められる

在職中の転職活動がバレた場合、あなたが会社にとって優秀な人材であればあるほど、上司に強く引き留められます。

「退職します!」と申し出て「わかりました」と簡単に了承してくれる会社はほとんどないでしょう。

引き留められる場合は、上司が何度も話し合いの席を設けては話が進まないという無限ループに陥ります。

しかし、焦って判断を下すのは禁物です。

上司に感謝と転職の熱意真摯に伝えれば、上司の心が折れる可能性があります。

会社にバレないように活動するのが大変

転職活動を在職中にしていることを会社にバレないようにするのは大変です。

なぜなら、応募先の企業面接日程の調整の電話などが勤務中にかかってくる場合があるからです。

電話の度に離席していたら怪しまれるし、しゃべっている内容を聞かれる可能性もあります。

電話がかかってきても、慌てずにいつも通りの立ち振る舞いをして、さりげなく離席するようにするのがベストな対応です。

転職活動と仕事の両立が難しい

在職中に転職活動をするには、仕事と転職活動の両立をしなければいけません。

仕事終わりに転職活動をする人が大多数のなか、繁忙期トラブルなどがあれば転職活動の時間が確保できないです。

しかし、転職活動の時間が確保できないからといって、在職の周りの方や会社に迷惑をかけてはいけません

会社が忙しい時の転職活動や退職は避けて、円満に転職・退職できるようにすることが大切です。

転職活動を在職中にする際のポイント

転職活動を在職中にする際のポイント

転職活動を在職中にするには時間活動方法在職の会社など考えることが山のようにあります。

そこで、これさえ押さえておけばいいポイントを以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

有給休暇を利用する

最初のポイントは、有給休暇を利用して転職活動をすることです。

転職活動を進めるなかで、面接が平日の勤務時間中になることはよくあるので、あらかじめ有給休暇の残日数を確認しておきましょう。

転職活動を在職中にする際は、有給休暇の残日数の確認と早めの有給休暇申請を忘れないようにしてください。

在職している会社に配慮する

次に、在職している会社には十分な配慮を心がけることです。

なぜなら、転職が決まれば迷惑をかけることが増えるからです。

転職は単に人が他の会社に移動するだけではなく、事務手続き仕事の引き継ぎ新たに求人を出す必要もあるかもしれません。

なので、独りよがりな考えで活動するのではなく、いろんな人の時間と労力に配慮して転職活動を進めていくことが大切です。

転職エージェントを活用する

最後のポイントは、転職エージェントを有効活用することです。

転職エージェントは、あなたの希望を聞いて条件に合いそうな求人をピックアップして通知してくれます。

また、応募書類作成面接日程の調整模擬面接など転職活動の必要な項目もサポートしてくれます。

多数の転職希望者を担当してきたキャリアアドバイザーが、マンツーマンでサポートしてくれるので書類選考内定率が上がる可能性があります。

しかし、転職エージェントは基本的に3ヶ月のサポート期間と定めているサービスが多いです。

える

私がお世話になった転職エージェントはdodaリクルートエージェントです。

まとめ:転職活動は在職中にするべき!転職エージェントで充実した転職活動をしよう!

この記事の結論
  • 転職活動を在職中にするのは「職業選択の自由」で認められている
  • 安定した収入で生活の不安がなくなる
  • 仕事のブランク期間がないことで採用担当者の印象がよくなる
  • 足りないスキルや経験を積み上げることで現職と相乗効果が得られる可能性がある
  • キャリアを見つめ直し後悔するリスクを減らせる
  • 上司にバレた場合は真摯に熱意を持って訴えかける
  • 就業規則に注意して有給休暇を有効に活用する
  • 在職している会社に感謝を忘れない
  • 転職エージェントで3ヶ月間の手厚いサポートを受けることで内定率が上がる可能性があるdodaリクルートエージェント

転職活動は在職中にするべきです。

離職後の転職活動と比べると、心の余裕に大きな差があるからです。

生活を考えると、安定的な収入がある在職中の方が心配事が少ないです。

また、転職活動に充てる時間は転職しないといけない期間が決まっているよりも、自分が納得いく転職先を見つるまで時間がある方が、転職後に後悔するリスクを減らすことができます。

在職中に会社に転職活動がバレることがあるかもしれませんが、転職に対する考えを真摯に伝えることで理解を示してくれる可能性があります。

在職している会社に配慮しながら、有給休暇や転職エージェントを活用して充実した転職活動をしてみませんか。

\ 転職活動する前に調べるべき! /

転職活動は在職中にしてもいい?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできる目次