\ お買い物マラソン開催中!【7/11 01:59まで】 /

ベビーベッドガードは必要ない?必要ない理由3選やランキングなど解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
ベビーベッドガードは必要ない?必要ない理由3選やランキングなど解説
この記事はこんな人におすすめ
  • ベビーベッドガードは本当に必要ないのか知りたい
  • ベビーベッドガードの役割を知りたい
  • ベビーベッドガードでどんな事故が多いのか知りたい

赤ちゃんを迎えたご家庭が購入を検討するベビー用品のなかで、買おうか迷うもののひとつが「ベビーベッドガード」です。

購入を検討する際に、親戚や先輩ママに相談すると「ベビーベッドガードは必要ない」と言われることが多いです。

  • ベビーベッドガードは必要ないって聞くけど本当?
  • ベビーベッドガードにはどんな役割があるの?
  • 結局、ベビーベッドガードは買ったほうがいいの?

一般的なベビーベッドガードは、「窒息するリスクがある」「完全な転落防止にはならない」などの欠点が多い印象なので上、購入する決断がしづらいと思います。

しかし、「怪我の防止になる」「安心感を得られる」など、赤ちゃんも親も快適な環境が得られます。

この記事では、ベビーベッドガードを購入する際に悩みに悩んだ私が、ベビーベッドガードが必要ないと言われる理由やベビーベッドガードの役割、おすすめのベビーベッドガードなどを解説します。

この記事を読むことで、ベビーベッドガードが「必要なもの」だと気づくことができるでしょう。

\プライムデー先行セール! /

【開催期間】7/11(木) 0:00〜7/15(月) 23:59まで

える

実際に私が(商標名)を購入する際にいろいろ調べて、最終候補に残った(商標名)はこちらです。

おすすめのベビーベッドガードを見る

\ 赤ちゃんの肌に優しいガードで頭から足まで守る! /

\ 赤ちゃんが視覚的に楽しめて全身を守る! /

\ 通気性、お手入れのしやすさ抜群! /

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon

ベビーベッドガードとよく一緒に買われるもの

タップできる目次

ベビーベッドガードは必要ないと言われる理由3選

ベビーベッドガードは必要ないと言われる理由3選

「ベビーベッドガードは必要ない」とよく耳にすることはないですか?

親戚や先輩ママさんから「ベビーベッドガードは必要ない」と言われる理由を3つ解説します。

①窒息するリスクがある

ベビーベッドガードは、赤ちゃんに窒息のリスクがあります。

ベビーベッドガードは柔らかい素材で作られていることが多く、赤ちゃんがガードに顔を押し付けてしまうと、呼吸が妨げられる恐れがあるからです。また、赤ちゃんが動き回ることでガードに絡まる可能性もあります。

しかし、窒息があるという意見には一理ありますが、適切に選び正しく使用することでリスクを大幅に軽減できます。

販売されているベビーベッドガードの多くは、国際的な安全基準(ASTMやCPSC)をクリアしたベビーベッドガードで、窒息や絡まりのリスクを最小限に抑えるよう設計されているのです。

ベビーベッドガードは、適切な選択と取り扱いによって安全に扱えるので、すべてのガードが危険であるとは限りません。

②完全な転落防止にはならない

ベビーベッドガードは、完全な転落防止にはならないと言われています。

ベビーベッドガードはベッドの内側に設置されるため、赤ちゃんが成長して動きが活発になると、ガードを乗り越えてしまう可能性があるからです。

しかし、いまのベビーベッドガードは、商品に記載されている適切な高さや固定方法を守れば、赤ちゃんの転落を効果的に防げます。

ベビーベッドガードからの転落を防止するポイントは以下のとおりです。

  • ベビーベッドのサイズに合うものを使用する
  • 定期的にガードの状態を確認する
  • つかまり立ちをはじめる頃になったら使用をやめる

適切なベビーベッドガードを選び、正しい方法で使用することで、転落防止効果を最大限に引き出せるでしょう。

③頻繁に洗濯しないといけない

ベビーベッドガードは、衛生面から頻繁に洗濯しなければいけません。

赤ちゃんのよだれや汗、汚れが付着しやすいので、清潔を保つためには頻繁な洗濯が必要です。洗濯を怠ってしまうと、汚れが蓄積し細菌やカビの繁殖が促進される可能性があります。

しかし、昔と違い今のベビーベッドガードは、簡単に洗濯できる素材で作られており、抗菌加工が施されたものが多いです。

抗菌素材や防水加工が施されたベビーベッドガードを使用することで、汚れや細菌の蓄積を防ぎ、洗濯の頻度を減らせるでしょう。

ベビーベッドガードが必要と言われる役割3選

ベビーベッドガードが必要と言われる役割3選

「ベビーベッドガードは必要ない」と言われますが、本当に良いところがないのでしょうか。

ここでは、ベビーベッドガードが必要と言われる役割を3つ紹介します。

①怪我の防止になる

ベビーベッドガードを使用することで、赤ちゃんの怪我の防止になります。

赤ちゃんはベビーベッド内で寝返りを打ったり動き回ったりするので、ベッドの柵に頭や手足をぶつける可能性があります。

たとえば、ある家庭の赤ちゃんが、夜中に寝返りを打ったときにベッドの柵に頭をぶつけて泣き出すことが頻繁にありました。

そこで、ベビーベッドガードを設置したところ、赤ちゃんが柵にぶつかってもクッションが衝撃を吸収してくれるので、夜中に泣き出すことがなくなったそうです。

ベビーベッドガードを設置することで、赤ちゃんの怪我のリスクを大幅に減少させるだけでなく、親も安心して赤ちゃんを寝かせることができます。

②快適に眠れる

ベビーベッドガードを使うことで、赤ちゃんが快適に眠れる環境を用意できます。

ベビーベッドガードは柔らかい素材で作られており、赤ちゃんが寝返りを打っても硬いベッドの柵に直接触れることがないからです。

快適な睡眠は赤ちゃんの健康と発育に欠かせない要素なので、赤ちゃんが安心して眠れる環境を整えてあげましょう。

③安心感を得られる

ベビーベッドガードは、赤ちゃんが安心感を得られるグッズです。

ベビーベッドガードを設置することで、赤ちゃんはガードに囲まれている安心感を感じられるので、より落ち着いて過ごせます。

える

逆にガードをしないと、周りに誰もいないことがわかるので、不安になり泣き出しやすいです。

安心感を得ることで赤ちゃんの情緒的な安定が保たれるので、親も育児において安心感を得られるでしょう。

ベビーベッドガードの種類と特徴

ベビーベッドガード必要ない:ベビーベッドガードの種類と特徴

ベビーベッドガードは2種類あり、それぞれ特徴が違います。

2種類のベビーベッドガードの特徴を以下の表にまとめたので参考にしてください。

ベビーベッドガード(全周)
全周タイプ
ベビーベッドガード(半周)
半周タイプ
対象・寝返りする
・寝相が悪い
・活発に動く
・寝返りできない
・頭側だけカバー
保温性
通気性
クッション性
お手入れしやすさ
ベビーベッドガードの比較
  • 全周タイプ寝返りや寝相が悪く活発な子におすすめ。保温性に優れている反面、風通しが悪いです。
  • 半周タイプ寝返りがまだできなくて頭側だけをカバーしたい子におすすめ。通気性が良い反面、保温性が良くないです。

おすすめのベビーベッドガードを見る

\ 赤ちゃんの肌に優しいガードで頭から足まで守る! /

\ 赤ちゃんが視覚的に楽しめて全身を守る! /

\ 通気性、お手入れのしやすさ抜群! /

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon

\プライムデー先行セール! /

【開催期間】7/11(木) 0:00〜7/15(月) 23:59まで

ベビーベッドガードとよく一緒に買われるもの

ベビーベッドガードの5つの選び方

ベビーベッドガード必要ない:ベビーベッドガードの5つの選び方

ベビーベッドガードを実際に選ぶとなると、何を基準に選べばいいかわからないですよね。

ベビーベッドガードの選び方を5つ解説します。

①素材

ベビーベッドガードを選ぶ際には、まず素材をみましょう。

以下のように、ベビーベッドガードの素材は赤ちゃんの安全と快適さに直結します。

  • 通気性の高い素材:赤ちゃんが顔を押し付けても呼吸がしやすい
  • 敏感な肌に優しい素材:肌荒れやアレルギー反応を防ぐ

赤ちゃんに合った素材を選ぶことで、赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えられるので、親も安心して使用することができます。

②デザイン

ベビーベッドガードを選ぶ際は、デザインにも注目しましょう。

赤ちゃんの興味を引くカラフルで楽しいデザインは、ベビーベッドの周りで過ごす時間を楽しく心地よい環境にしてくれます。また、親はインテリアの一部としてベッドガード楽しむこともできます。

ベビーベッドガードのデザイン例

  • 動物や星:赤ちゃんの視覚的な発達を促す
  • シンプルで落ち着いた色合い:部屋のインテリアと調和する
  • 収納ポケットが付いたもの:おむつやおもちゃを整理する整理するのに便利

適切なデザインを選ぶことで、赤ちゃんと親の双方にとって快適で楽しい環境を作り出しましょう。

③取り付けの安定性

ベビーベッドガードを選ぶときは、取り付けの安定性が大事です。

ベビーベッドガードの安定性は、赤ちゃんが動いてもずれたり外れたりしないことの保証につながります。

安定していないガードは、赤ちゃんが絡まったり転落したりするリスクを増加させるので危険です。

ベビーベッドガードの安定性を高める取り付け

  • 取扱説明書を確認する
  • ベビーベッドのサイズに合ったガードを選ぶ
  • 強力なストラップやバックルを使用する
  • 四隅をしっかりと固定する
  • 定期的にガードがしっかりと固定されているかチェックする

しっかりと固定できるベビーベッドガードを選ぶことで、赤ちゃんの安全を確保して親の安心感を高めましょう。

④お手入れのしやすさ

ベビーベッドガードを選ぶときは、お手入れのしやすさを考えましょう。

赤ちゃんは寝返りや動き回ることで、よだれや汗、食べ物の汚れがベッドガードに付着しやすいです。

お手入れのしやすいベッドガードを選ぶことで、常に清潔な環境を保つことができるので、赤ちゃんの健康を守ることができます。

お手入れしやすいベビーベッドガードの特徴

  • 取り外しが簡単
  • 洗濯機で丸洗いできる
  • 乾きやすい素材

お手入れしやすいベビーベッドガードを選ぶことで、赤ちゃんの健康を守りながら親の手間も軽減できます。

⑤安全基準を満たしているか

ベビーベッドガードを選ぶ際は、安全基準を満たしているかどうかを確認しましょう。

安全基準を満たしているベビーベッドガードは、窒息や怪我のリスクを最小限に抑えるための厳しい試験を通過しているので安心して使用できます。

安全基準の参考にする協会・委員会は以下のとおりです。

  • ASTM(米国材料試験協会)
  • CPSC(米国消費者製品安全委員会)

認証を受けた製品を選ぶことで、赤ちゃんの安全を守り安心して使用できるでしょう。

ベビーベッドガードのおすすめランキングTOP3

ベビーベッドガード必要ない:ベビーベッドガードのおすすめランキングTOP3

ベビーベッドガードの種類やそれぞれの特徴、選び方がわかったところで、おすすめのベビーベッドガードを紹介します。

\プライムデー先行セール! /

【開催期間】7/11(木) 0:00〜7/15(月) 23:59まで

第1位:ベビーベッドガード(全周タイプ) オーガニックコットン 日本製

このベビーベッドガードは、柵やエアコンの風、日差しから赤ちゃんを守り、赤ちゃんの肌に優しいオーガニックコットンが使用されているベビーベッドガードです。

ベッドの中を元気に動き回る赤ちゃんの頭や手足、冷暖房器具からの風が直接当たることも防いでくれます。

ベッドに取り付けるための紐は全部で16箇所で、きちんと取り付ければズレる心配もありません。

スクロールできます
対象価格保温性通気性クッション性お手入れしやすさ
・寝返りする
・寝相が悪い
・活発に動く
4,950円
商品仕様

\ 赤ちゃんの肌に優しいガードで頭から足まで守る! /

第2位:ベビーベッドガード(全周タイプ) 日本製 【Zoo】

このベビーベッドガードは、頭から手足までをカバーし、赤ちゃんが視覚的にも楽しめるベビーベッドガードです。

可愛いデザインのベビーベッドガードは、赤ちゃんの興味を引き、落ち着いた環境を与えてくれます。

型崩れしにくい硬めの綿と16箇所を取り付ける紐で、ベッドの中を元気に動き回る赤ちゃんを守りましょう。

スクロールできます
対象価格保温性通気性クッション性お手入れしやすさ
・寝返りする
・寝相が悪い
・活発に動く
4,400円
商品仕様

\ 赤ちゃんが視覚的に楽しめて全身を守る! /

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon

第3位:ベビーベッドガード(半周タイプ) 日本製

このベビーベッドガードは、赤ちゃんの寝返りにも対応しているコの字型の半周タイプのベビーベッドガードです。

スクロールできます
対象価格保温性通気性クッション性お手入れしやすさ
・寝返りできない
・頭側だけカバー
4,300円
商品仕様

\ 通気性、お手入れのしやすさ抜群! /

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon

ベビーベッドガードとよく一緒に買われるもの

よくある質問(FAQ)

ベビーベッドガード必要ない:よくある質問(FAQ)

ベビーベッドガードについて、よくある質問を集めて回答してみました。

ベビーベッドガードは代用できますか?

ベビーベッドガードをタオルやクッションなどで代用するのはやめましょう。

タオルなどを丸めてベビーベッドガードの代わりに使うと、赤ちゃんが寝返りを打った際に顔にかかって窒息してしまうので危険です。

この記事で紹介しているベビーベッド専用のガードを購入することをおすすめします!

>>ベビーベッドガードのおすすめランキングTOP3

ベビーベッドガードで事故の可能性はありますか?

ベビーベッドガードの事故は以下のようなものが考えられます。

  • 転落事故:ベッドガードのない部分から転落してしまう事故が多い
  • 窒息事故:ベッドガードとマットレスの間に挟まり抜け出せずに窒息してしまう
  • 重傷や死亡:転落による頭部の損傷で重傷や死亡につながるケースがある

赤ちゃんがベッドから転落するのを防止するアイデアはありますか?

ベビーベッドガードを設置する以外の転落防止アイデアは以下のとおりです。

  • ベビーベッドを壁に付けて設置する
  • 布団やクッションでガードする(※窒息しないように注意
  • 様子をみて布団で寝かせる(※寝相が悪く動き回ってしまう場合)
  • 数センチ程度の高さのローベッドに買い替える

ベビーベッドガードは必要!親も快適な環境で子育てできる

ベビーベッドガード必要ない:ベビーベッドガードは必要!親も快適な環境で子育てできる

ベビーベッドガードは「窒息するリスクがある」「完全な転落防止にはならない」などの欠点から「必要ない」と敬遠されがちです。

しかし、ベビーベッドガードを設置すると、親も快適な環境で子育てができるようになります。

「怪我の防止になる」「安心感を得られる」など、ベビーベッドガードに求める要素は人によって違うので、よく考えて商品を選びましょう。

おすすめのベビーベッドガードを見る

\ 赤ちゃんの肌に優しいガードで頭から足まで守る! /

\ 赤ちゃんが視覚的に楽しめて全身を守る! /

\ 通気性、お手入れのしやすさ抜群! /

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon

\プライムデー先行セール! /

【開催期間】7/11(木) 0:00〜7/15(月) 23:59まで

ベビーベッドガードとよく一緒に買われるもの

ベビーベッドガードは必要ない?必要ない理由3選やランキングなど解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできる目次